移転しました
http://greeco-channel.com/
最近の記事

2011年01月20日

Honda: フィットRSの5MTと6MTのギヤ比を見てみる (2代目, GE8型) Part2

ホンダ: フィット RS (2代目,GE8型) Part1の続きです。前にもホンダのフィットRSの記事を書き、そこでもギヤ比について軽く触れているのですが、せっかくギヤ比のグラフを作れるようになったので書き直します。しれっとスイフトスポーツの記事を途中で放置しており、なるべく早いうちにPart3を書かないといけなかったりするものの頭がフットーしそうなので息抜きがてらフィットRSに脱線です。

2代目フィットのRSは2代目の登場と同時にグレードが設定され、当初は5MTであったものが2010年10月のマイナーチェンジで6MTへと換装されました。余談ですがこのマイナーチェンジで4WDのRSが廃止となっているようです。

さて、それではまず5MTのギヤ比から見ていきます。フィットRSに搭載されるL15A型エンジンはレッドゾーンが6800回転からとなっているので、恐らくレブリミットは7000回転だろうと推測して計算しました。

フィットRS 5MTのギヤ比
2nd-fit-rs_5mt_gear-ratio.PNG
クリックで拡大
レブ:7000rpm, タイヤサイズ:185/55R16, 直径:61.0cm
ギヤギヤ比ステップ比レブ時の速度シフトアップ
後の回転数
1速3.461-54.2km/h-
2速1.8690.540100.3km/h3780rpm
3速1.3030.697143.8km/h4879rpm
4速1.0540.809177.8km/h5663rpm
5速0.8530.809219.7km/h5663rpm
Final4.294---

トップギヤでの回転数
速度回転数
40km/h1274rpm
60km/h1911rpm
80km/h2548rpm
100km/h3186rpm
120km/h3823rpm
140km/h4460rpm
グラフを見るとスイフトスポーツと同じく1速から2速へのシフトチェンジでパワーバンドを外します。繋がりを良くしようと思ったら1速ギヤで70km/hくらいまで出るようにハイギヤード化すれば良いようですが、そこまでやるとゼロ発進でモタつくことは必定なので痛し痒しです。

理想を言えば1速ギヤを上げ、5速ギヤを少し下げ、ファイナルギヤも下げたら雰囲気の良いミッションになるような気がします。まあ、そんなことをするとスプリント仕様になってしまって一般向けとは程遠くなるんですけど・・ロードセイリングのRSじゃなくてレーシングスポーツの趣きが強くなってしまうんですけど・・

続いて6MTのギヤ比を見てみます。5MTモデルと同じくエンジンはL15A型1500cc、最高出力、最大トルクも同一であることからレブリミットも変わっていないものとして計算してみます。

フィットRS 6MTのギヤ比
2nd-fit-rs_6mt_gear-ratio.PNG
クリックで拡大
レブ:7000rpm, タイヤサイズ:185/55R16, 直径:61.0cm
ギヤギヤ比ステップ比レブ時の速度シフトアップ
後の回転数
1速3.461-50.3km/h-
2速1.8690.54093.1km/h3780rpm
3速1.2350.661140.9km/h4627rpm
4速0.9480.768183.6km/h5376rpm
5速0.8090.853215.1km/h5971rpm
6速0.7270.899239.4km/h6293rpm
Final4.625---

トップギヤでの回転数
速度回転数
40km/h1170rpm
60km/h1755rpm
80km/h2339rpm
100km/h2924rpm
120km/h3509rpm
140km/h4094rpm
これは・・どうなのでしょう。1速から4速ギヤまではワイド、4速から6速まではクロスしているように見えます。もうちょっと、こう、せっかく6MTにするなら各ギヤを均等に割り振るとか、1速から5速ギヤまでの繋がりを良くして6速ギヤは燃費が伸びるように下げるとか、いくらでもやりようがあったように思えるですが現実はこうのようです。

5MTモデルの5速ギヤの最高速が220km/h、6MTモデルの5速ギヤの最高速が215km/h、6速にシフトアップしてもそこから25km/hしか伸びないくらいなら6速ギヤは別に無くても良かったんじゃとかげふんげふn・・ま、まあ ”6MT” っていうプレミアムリミテッド感が大事だったりしますし、ね?

思いのほかガッカリの感が漂っている6MTですが気を取り直して5MTとの比較をしてみます。



 Honda: フィットRSの5MTと6MTのギヤ比を見てみる (2代目, GE8型) Part2 の続きを読む

TB URL ERROR: NOT PERMITED METHOD: tb_url posted by ぜつゆる | TrackBack(0)

2010年12月23日

Honda: エディックス, Edix (BE1, BE2, BE3, BE4, BE8型)

ホンダのエディックスです。かつて日産が生産していたティーノと似たコンセプト・・かどうかは分かりませんが、前列3人、後列3人で6人乗りの車です。全幅が広い割りに全長が短く、コンパクトなようでそうでない塊感が魅力で、大変よくできたデザインだと思ったのにあんまり売れませんでした。

「これはいい、これはかっこいい、これは欲しい、これは売れるはずだ」と思って見ていたのに販売が奮わず一代限りで消滅されると、「やはり自分には車を見る目がないのだな、天邪鬼なのだな。間違っているのはどっちだ、世界か、自分のほうか」とか訳の分からないことが頭を巡って少し凹みます。いや、別にいいんですけど・・

edix_data_4p.jpg
発売年2004/7
終了年2009/8
参照年式2005/12


型式CBA-BE1
車名エディックス
グレード17X
乗車定員6人
お値段178.5万円


全長×幅×高4285×1795×1610mm
室内長×幅×高1875×1535×1230mm
トレッド前/後1550mm/1560mm
ホイールベース2680mm
最小回転半径4.9m
車両重量1360kg


駆動方式FF
変速機4AT
タイヤサイズF:195/65R15 R:195/65R15


エンジン型式D17A
排気量&種類1668cc 直4 SOHC
内径×行程75mm×94.4mm
圧縮比9.9
吸気NA
最高出力130ps(96kW)/6300rpm
最大トルク15.8kg・m(154.8N・m)/4800rpm
使用燃料レギュラー
10・15燃費13.8km/L

主なグレードの一覧

1.7L2.0L2.4L
参照年月2005/122006/11
車両型式CBA-BE1ABA-BE2DBA-BE3ABA-BE4DBA-BE8
グレード17X17X 4WD20X20X 4WD24S
駆動方式FF4WDFF4WDFF
変速機4AT5AT4AT5AT
エンジン型式D17AK20AK24A
エンジン類別直4 SOHC直4 DOHC
吸気方式NA
排気量(cc)166819982354
最高出力(ps)130156162
最大トルク(kg・m)15.819.222.2
圧縮比9.99.7
10・15燃費(km/L)13.813.213.012.212.0
車両重量(kg)13601430143014801480
全長(mm)4285
全幅(mm)1795
全高(mm)16101635161016351600
室内長(mm)1875
室内幅(mm)1535
室内高(mm)1230
軸距(mm)2680
装着タイヤ195/65R15205/55R16
最小回転半径(m)4.95.2
出力荷重比(kg/ps)10.4611.09.179.499.14
リッター馬力(ps/L)77.978.168.8
100km/h(rpm)2588217625272108
最高速(ギヤ比)243.4243.4298.7257.2270.4
年間維持費¥167,185¥171,795¥173,425¥180,485¥187,905
※最高速(ギヤ比)は最高出力発生回転数とギヤ比から見た速度
※年間維持費は自動車税+重量税+(自賠責保険/2)+(10,000km/10・15燃費×燃料1Lの値段)
※燃料1Lの値段はレギュラー140円、ハイオク150円、軽油120円として計算

 Honda: エディックス, Edix (BE1, BE2, BE3, BE4, BE8型) の続きを読む

TB URL ERROR: NOT PERMITED METHOD: tb_url posted by ぜつゆる | TrackBack(0)

2010年12月12日

Honda: シビックタイプR, Civic Type R, Part2 ギヤ比編

ホンダのシビックタイプRのPart2です。あのまま投げても良かったのですが、せっかくのタイプR記事なのでギヤ比編を追加することにしました。広く世間のお役に立つ身のある気のような、自己満足にしかならないような、ええ自己満足ですとも。

ギヤ比とタイヤの直径が分かるということは、すなわち各ギヤにおいて任意の回転数のときの速度が分かるということであり、ある速度で走行している際のエンジン回転数が分かるということであります。またレブリミットが分かれば当該車種における最高速も判明する・・ということ・・!なのですが、レブリミットはカタログに載っていないので最高出力が発生する回転数で妥協します。つまりレブリミットを調べるのが面倒だったのです。

あとあの、なんていうのか分からないのですが回転数と速度を線グラフにしているあれ、グランツーリスモとかでギヤ比を弄くったら各ギヤの線グラフが倒れたり起きたりするあの・・
とにかくあの線グラフがあれば最高なのですが、何たることかエクセルでの作り方が分からないので最高になりません。また今度、いずれ作る知恵を得ることを期待して今回は割愛、というか、はい。

歴代タイプRの装着タイヤ
さて、まずはタイヤの直径が分からないことには時速も何もないので直径を計算してみます。
車両型式タイヤ幅(mm)扁平率(%)インチ直径(cm)
EK9195551559.6
EP3205451761.6
FD2225401863.7
FN2225401863.7
初代タイプRの195/55R15は良いとして、2代目タイプRの205/45R17もまあ良いとして、問題は3代目タイプRとユーロです。225/40R18などというタイヤだと高すぎてどうにもなりません。タイヤがちびないようにちびないように、エコダッシュ、エココーナリング走法をマスターする必要があります。

 Honda: シビックタイプR, Civic Type R, Part2 ギヤ比編 の続きを読む

TB URL ERROR: NOT PERMITED METHOD: tb_url posted by ぜつゆる | TrackBack(3)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。