移転しました
http://greeco-channel.com/
最近の記事

2011年01月25日

Mitsubishi: ミニカ, Minica (8代目) Part3

三菱: ミニカ, Minica (8代目) Part2の続きです。いよいよ、ようやっと念願の妄想ミニカ記事を書くことができます。耐え難きを耐えに耐え、幾度も挫折しかけながらPart2を形にした甲斐がありました。

個人的にはここからが本題なのですが、8代目ミニカを純然たるサーキット仕様にして ”ミニカチャレンジカップ” を開催したいのです。レギュレーションは特になし、強いて決めるなら改造費用は55万円まで、その範囲でできることなら何でもやってちょうだいの、レース車両を作ることのみに主眼を置いた作って楽しい乗って微妙なチャレンジカップです。こんなの他の記事以上に人を選ぶというか普通は興味がないであろうというか、はい。


競技ベース車両としてのミニカ
さて、それでは始めます。8代目ミニカの中でも3ドアのFF、5MTモデルは車両重量が680kgしかありません。旧規格の軽自動車からすると4WDターボみたいな重量ですが、現在の規格からすると十分に軽い部類に入ります。例えばダイハツのL275V型7代目ミラバンは710kg、スズキのHA25V型7代目アルトバンも710kgで共に700kg台です。って、あれ?もっと差があるかと思ったら30kgしか違わないの?えっ?えっ?

って思ったんですけど、ただでさえ何も付いていないバンから30kgも軽くしようと思ったら至難のワザです。ドライバーが百貫デブなら話は別ですが、標準的な体型から30kgも落とすと骨と皮だけになってしまうくらいの威力です。30kgの重量差をバカにしたらいけません。そうでないと冒頭でいきなり妄想ミニカ記事が頓挫してしまいます。

さて、8代目ミニカが他の追随を許さない驚異的な軽さを持っていることが明らかとなったところで動力性能を見る上での指針となるパワーウェイトレシオを見てみます。2ドアのFF、5MTのミニカの車両重量は680kgなので、これを3G83型660ccの最高出力である50馬力で割ると13.60kg/psになります。これは ”1馬力あたり13.6kgの重量を担う” という意味です。この数値が少なければ少ないほど加速性能に優れます。


ミニカ
(H42V)
ミラ
(L275V)
アルト
(HA25V)
最高出力50/650058/720054/6500
最大トルク6.3/40006.6/40006.4/3500
車両重量680710710
出力荷重比13.6012.2413.15
参考までに先ほど名前の挙がったL275V型ミラバンとHA25V型アルトバンの数値も見てみましょう。って、あれ・・?

”って、あれ?” ネタも食傷気味になってきたので気にせず話を進めていくと、パワーウェイトレシオの数値が最も優れていたのはL275V型ミラバンでした。次点はHA25V型アルトバン、堂々のビリはH42V型ミニカバンです。

馬力なんて後からどうにでも上げられるので現時点でのパワーウェイトレシオの数値がどうであろうが関係ありません。逆に言えば元がゴミの一歩手前であればあるほど ”伸び代がある” と解釈することができます。つまり物は言い様なわけです。



 Mitsubishi: ミニカ, Minica (8代目) Part3 の続きを読む

TB URL ERROR: NOT PERMITED METHOD: tb_url posted by ぜつゆる | TrackBack(3)

Mitsubishi: ミニカ, Minica (8代目) Part2

三菱: ミニカ, Minica (8代目, H42A, H42V, H42A, H47V型) Part1の続きです。本当は早く妄想ミニカ記事を書き散らかしたいのですが現状の把握を優先するためグッと我慢し、4WD車の5MTのギヤ比について書いていきます。


4WDの5MT (装着タイヤが145/80R12の場合)
8th-minica_4dw_5mt.PNG
※クリックで拡大
レブ:7500rpm, タイヤサイズ:145/80R12, 直径:53.7cm
 ギヤ ギヤ比ステップ比レブ時の速度シフトアップ
後の回転数
1速3.916-32.8km/h-
2速2.3520.60154.6km/h4510rpm
3速1.5760.67081.4km/h5030rpm
4速1.0930.694117.4km/h5210rpm
5速0.8880.812144.5km/h6090rpm
Final5.916---

トップギヤでの回転数
速度回転数
40km/h2080rpm
60km/h3110rpm
80km/h4150rpm
100km/h5190rpm
140km/h7270rpm
180km/h9340rpm
FFの5MTと同じく3速と4速ギヤが離れているのは良いとしても、なんとまあ、5速ギヤでの最高速が時速140kmちょっとしか出るようになっていません。4WDの5MTはかなりのローギヤードであると言えます。持てる力の全てを加速に捧げた漢のMTです。加速をすることにおいては4速のギヤ比を低くする以外に欠点が見当たりません。

このスーパーローギヤードなミッションでは5速ギヤで時速100km走行するときのエンジン回転数は5200回転、スピードリミッターが働く時速140kmでは7300回転まで回ります。自動車メーカーによる自主規制の時速140kmを全ての基準として考えてしまえば、これほど理想的なギヤ比もないように思われます。もちろん日常利用なんて知っちゃこっちゃないギヤ比ですから高速道路ではそれなりの覚悟が必要です。

4WDの5MTをさらっと終わって続きましては3ATのギヤ比を見てみます。21世紀にもなって3ATだなんて旧世代の遺物どころか化石と呼んでも差し支えありません。でも用途を限定すれば3ATでも特に問題なかったりするので4AT、5AT、6ATは全てを手に入れんとする贅沢品だったりもします。

 Mitsubishi: ミニカ, Minica (8代目) Part2 の続きを読む

TB URL ERROR: NOT PERMITED METHOD: tb_url posted by ぜつゆる | TrackBack(4)

Mitsubishi: ミニカ, Minica (8代目, H42A, H42V, H42A, H47V型) Part1

三菱の8代目ミニカです。1998年10月に軽自動車が規格改正されてから現在に至るまで、実に12年以上も販売が続けられている長寿モデルの8代目ミニカです。ちなみに規格改正当時の姿のまま現在も生存している車種としては同じく三菱のパジェロミニ、スズキのジムニーがあります。少し前まではスバルのプレオもお友達でしたが、どう見てもダイハツのミラなのにプレオを名乗るという暴挙に出たので絶交されました。

ミニカの何がすごいかというと、スペックとか積載性がどうのよりもまず新車価格の安さが挙げられます。乗用の軽自動車じゃなくて貨物車なので快適装備とは無縁であるものの、車体価格は55万円、税込みでも58万円あれば買えてしまうのです。ディーラー名義で購入して登録済みながら未使用の、いわゆる ”新古車” であれば新品同様のミニカをもっと安く買うことも可能でしょう。

あらゆる意味で貧相なミニカですが、だからこその使い道を思いついてしまってからというもの居ても立っても居られなくなり、こうしてスイフトPart3やRX-8Part3の記事を投げ出してミニカの記事を書いております。ただし、一般的には全く有用性のない妄想記事になりそうです。


ミニカ ライラ (3ドア, FF, 5MT)の諸元

8th-minica-data-4p.jpg
発売年1998/10
終了年現行車(2011年1月現在)
参照年式2010/10


型式HBD-H42V
車名ミニカ 8th
グレードライラ
ドア数&定員3ドア& 4人
お値段58.3万円


全長×幅×高3395×1475×5110mm
室内長×幅×高No data
トレッド前/後1300mm/1295mm
ホイールベース3240mm
最小回転半径4.4m
車両重量680kg


駆動方式FF
変速機5MT
タイヤサイズF:145/80R12 R:145/80R12


エンジン型式3G83
排気量&種類657cc 直3 SOHC
内径×行程65.0mm×66.0mm
圧縮比10.2
吸気方式NA
最高出力50ps(37kW)/6500rpm
最大トルク6.3kg・m(61.7N・m)/4000rpm
使用燃料レギュラー
10・15燃費23.5km/L
JC08燃費21.4km/L

主なグレードの一覧
参照年月2010/10
車両型式HBD-H42VHBD-H47V
グレードライラナッティライラナッティ
お値段(万円)58.369.175.280.576.581.7
駆動方式FF4WD4WD
変速機5MT3AT5MT3AT5MT3AT
エンジン型式3G83
エンジン類別直3 SOHC
吸気方式NA
排気量(cc)657
最高出力(ps)50
最大トルク(kg・m)6.3
圧縮比10.2
使用燃料レギュラー
10・15燃費(km/L)23.520.522.520.019.619.0
車両重量(kg)680690720730730780
全長(mm)3395
全幅(mm)1475
全高(mm)1510
軸距(mm)3240
装着タイヤ145/80R12155/70R13145/80R12155/70R13
最小回転半径(m)4.4
W-b/Tread比1.80
出力荷重比(kg/ps)13.613.814.414.614.615.6
リッター馬力(ps/L)76.176.176.176.176.176.1
100km/h(rpm)416147874085469951905525
※100km/h(rpm)はトップギヤにて時速100kmで巡航している際のエンジン回転数

1年間の維持費
グレードライラナッティライラナッティ
備考FF 5MTFF 3ATFF 5MTFF 3AT4WD 5MT4WD 3AT
自動車税4,000
重量税3,800
自賠責(2年分/2)9,490
燃料費(1万km/年)59,57068,29062,22070,00071,43073,680
合計¥76,860¥85,580¥79,510¥87,290¥88,720¥90,970
※年間維持費は自動車税+重量税+(自賠責保険/2)+(10,000km/10・15燃費×燃料1Lの値段)
※燃料1Lの値段はレギュラー140円、ハイオク150円、軽油120円として計算

ミニカ ライラの支払い例
グレード車両価格返済回数
(均等払い)
支払い総額
(年率5%として)
車両価格との差月々の返済額
(元利均等方式)
月額の差
ライラ
(0.66L FF 5MT)
583,00036回629,029+46,029¥17,473-
48回644,452+61,452¥13,426-4,047
60回660,116+77,116¥11,002-2,424

 Mitsubishi: ミニカ, Minica (8代目, H42A, H42V, H42A, H47V型) Part1 の続きを読む

TB URL ERROR: NOT PERMITED METHOD: tb_url posted by ぜつゆる | TrackBack(5)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。