移転しました
http://greeco-channel.com/
最近の記事

2011年02月27日

Honda: アコード ユーロR, Accord Euro R (CL1, CL7型)

ホンダの6代目、7代目アコードのユーロRです。 ”ユーロR” という冠を基準とすると6代目アコードユーロRが初代、7代目アコードユーロRが2代目とも言えます。初代アコードユーロRは2000年6月から2002年5月まで、2代目アコードユーロRは2002年10月(12月?)から2008年12月まで販売されていました。

ただでさえ貴重であり希有な存在のアコードユーロRなのですが、さらに希少種のユーロRをご所望であるなら、6代目かつ初代アコードユーロRではなく姉妹車のトルネオユーロRをチョイスするとマニアック度が激増してユーロR友の会にて話題を掻っ攫えることでありましょう。


6代目&7代目かつ初代&2代目アコードユーロRの諸元と比較

7th Accord
Euro R
6th Accord
Euro R
増減
参照年月2006/102002/5-
車両型式ABA-CL7GF-CL1-
グレードユーロR-
お値段(万円)265.65255.3+10.35
駆動方式FF-
変速機6MT5MT-
エンジン型式K20AH22A-
エンジン類別直4 DOHC-
吸気方式NA-
排気量(cc)19982156-158cc
最高出力(ps)2200ps
最大トルク(kg・m)21.022.5-1.5kg・m
圧縮比11.511.0+0.5
使用燃料ハイオク-
10・15燃費(km/L)11.811.6+0.2km/L
車両重量(kg)13901330+60kg
全長(mm)46654680-15mm
全幅(mm)17601720+40mm
全高(mm)14501405+45mm
室内長(mm)19401935+5mm
室内幅(mm)14851415+70mm
室内高(mm)11851190-5mm
軸距(mm)26702665+5mm
装着タイヤ215/45R17205/50R16-
最小回転半径(m)5.45.6-0.2m
W-b/Tread比1.761.79-
出力荷重比(kg/ps)6.326.05+0.27kg
リッター馬力(ps/L)110.1102+8.1ps
100km/h(rpm)29843008-24rpm
最高速(ギヤ比)268.1239.4-

毎回「6代目&7代目かつ〜」と書くのは面倒なので、ここからは6代目アコードのユーロR(CL1型)を初代、7代目アコードのユーロR(CL7型)を2代目と書くことにします。

まず、初代と2代目で大きく違うのは初代のエンジンがH22A型2200ccであるのに対し、2代目はK20A型2000ccとなっていることが挙げられ、2代目は排気量が初代より200ccも少ないものの圧縮比を11.0から11.5へと高めることで初代と同じ220馬力を発生させています。しかし最大トルクの差は如何ともし難く初代が22.5kg・m、2代目が21.0kg・mで排気量なりの順当な差があります。

2代目ユーロRへのモデルチェンジに伴う変更の中で、個人的にはエンジンの換装よりも目玉的変更点扱いである5MTから6MTへの進化については、次に書くであろうPart2のギヤ比編で触れてみたいと思います。

初代と2代目の細かな違いとしては車両重量が初代より60kg重いのでパワーウェイトレシオの数値が0.27kgほど悪化していること、装着タイヤが205/50R16から215/45R17へと変更されたことが挙げられます。これらは他の車種でも良くある差異なので取り立てて書くほどのことではありません。

ボディに関しては「ホンダはアメリカばっかり見てけしからん!でかすぎ!ボディを小さくしろ!」という声が巷に溢れており、まさにその通りだと思っていたのに、アコードなんてその最たる例だと思っていたのに、6代目から7代目へのモデルチェンジに限れば声高に叫ぶほどには大きくなっていないようです。 ”アコード” という車名からすれば、「まあこんなもんかな」という感じがします。


初代&2代目アコードユーロRの維持費と差額

7th Accord
Euro R
6th Accord
Euro R
増減
排気量2.0L2.2L-
グレードユーロR-
備考FF 6MTFF 5MT-
自動車税39,50045,000-5,500
重量税15,0000
自賠責(2年分/2)11,2350
燃料費(1万km/年)127,120129,310-2,190
合計¥192,855¥200,545¥-7,690

維持費の面では2代目ユーロRとなるにあたって排気量が2.0L以下となったことで自動車税のクラスが1つ下がって4万5000円から3万9500円に下がり、燃費が0.2km/L向上したおかげで1万kmを走行するコストが2190円安くなりました。トータルでは7690円の差額となりますが、よほど家内経済が困窮している場合を除けば誤差の範囲と言えそうです。

デザイン的センスレベルを重視するなら個人の主観が全てなので好きなほうを選べば良いし、スペック至上主義なら変速機が5MTながら2200ccの排気量を持ちトルクに余裕のある初代ユーロR、6MTと切れ味鋭いエンジンに魅力を感じるなら2代目ユーロRかで悩みます。

というわけで、Part2にて新旧ユーロRのエンジンとギヤ比のマッチングを見ていきます。
【この記事のタグ】
TB URL posted by ぜつゆる | TrackBack(0)
【関連記事】
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。