移転しました
http://greeco-channel.com/
最近の記事

2011年02月24日

Renault: メガーヌRS, Megane Renault Sport (3代目,DZF4R型) Part1

おフランスの企業であり日産の親会社であるルノーが製造するハッチバックのメガーヌのスポーティグレードのRS(ルノースポール)です。2011年2月に発売されたばかりの新型メガーヌRSです。アルファベットで表記すると ”MEGANE” になって日本語風味が漂うあたりは、子会社の日産で製造している ”MURANO” に通ずるものがあります。

前から見るとなんとなーくマツダ臭のするデザインであり、後ろ斜め45度あたりから見るとボテッとしてモチッとしながらも不細工なわけではない味わいのある車でございます。そういえばマツダの ”KUSABI” はどうなってるんですかね。車そのものより名前のインパクトが絶大で未だに気になってるんですけど、あれから7年が経つしなかったことになってるんですかね。

メガーヌRSの諸所の諸元

3rd-megane-rs_data_4p.jpg
発売年2011/2
終了年現行車(2011年2月現在)
参照年式2011/2


型式ABA-DZF4R
車名メガーヌ
グレードルノースポール
乗車定員5人
お値段385.0万円


全長×幅×高4320×1850×1435mm
室内長×幅×高No data
トレッド前/後1590mm/1545mm
ホイールベース2640mm
最小回転半径No data
車両重量1430kg


駆動方式FF
変速機6MT
タイヤサイズF:235/40ZR18 R:235/40ZR18


エンジン型式F4R
排気量&種類1998cc 直4 DOHC
内径×行程82.7mm×93.0mm
圧縮比8.6
吸気方式ターボ
最高出力250ps(184kW)/5500rpm
最大トルク34.7kg・m(340.1N・m)/3000rpm
使用燃料ハイオク
10・15燃費No data


W-b/Tread比1.66
出力荷重比(kg/ps)5.72kg/ps
リッター馬力(ps/L)125.1ps/L
100km/h(rpm)2227rpm

1年間の維持費
グレード備考自動車税重量税自賠責(2年分/2)燃料費(1万km/年)合計
スポール2.0L FF 6MT39,50015,00011,235No data¥65735
※年間維持費は自動車税+重量税+(自賠責保険/2)+(10,000km/10・15燃費×燃料1Lの値段)
※燃料1Lの値段はレギュラー140円、ハイオク150円、軽油120円として計算

メガーヌ ルノースポールの支払い例
グレード車両価格返済回数
(均等払い)
支払い総額
(年率5%として)
車両価格との差月々の返済額
(元利均等方式)
月額の差
スポール
(2.0L FF 6MT)
¥3,850,00036回¥4,153,966+303,966¥115,388-
48回¥4,255,813+405,813¥88,663-26,725
60回¥4,359,255+509,255¥72,654-16,009


メガーヌRSには250馬力、34.7kg・mを発生するF4R型、直列4気筒2000ccのターボエンジンが搭載され、駆動方式はFFのみで変速機は6MTのみ、235/40ZR18のタイヤを装着しています。スペックだけ見るとFFモンスターっぽいのですが車両重量が1430kgあってやや重いので本質的な軽快感は望めないにしても、FFで250馬力もあると狂気の沙汰を拝めそうです。

日本でこの手の車というと・・2リッターターボのFFというと・・?
1300ccなら過去にはトヨタのスターレットにダイハツのYRVであるとか、現行車では1500ccなら三菱のコルトVer-R、1600ccなら日産のジュークなどそれなりに存在するようですが、2000ccのターボとなると日本では時代が4WDに走り、FFはNAに走ったおかげか近年では該当する車種が見当たりません。

例外的な存在としてはマツダのSUVであるCX-7に2300ccターボの設定があるものの、これはどちらかというと排気量の小ささをカバーするのが目的のように思えるので少し毛色が違う気がします。

”日本車には該当する車種がない” というのは凄いことで、「とにかく2リッターターボのFFが欲しい!」と思ったら該当する外車を買うしかないわけです。そういう人が1万人いたら外車が1万台も売れてしまうわけです。実際にはそんなにいないんでしょうけど、いたら国内メーカーも一念発起して開発するんでしょうけど、今現在、現実に存在していないのであれば今ある外車が売れるわけです。

なんという隙間産業、そして商売上手。私は外車に対する認識を改めなければならない。外車メーカーは、自ら日本市場を放棄するような弱い企業ではなかった・・とかなんとか。メガーヌPart2 ギヤ比編に続きます。
【この記事のタグ】
TB URL posted by ぜつゆる | TrackBack(1)
【関連記事】
ルノー: メガーヌ ルノースポール Part2
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。