移転しました
http://greeco-channel.com/
最近の記事

2010年12月27日

Alfa Romeo: ミト, Mito (955141,955143,95514P型)

アルファロメオのミトです。1400ccのエンジンにタービンを装着したエンジンを搭載するハッチバックです。発売は2009年5月、2010年12月現在でも販売中のモデルとなっています。

こういう車が国産車にも数多くあったら良いのに、今のところコルトVer-Rが頑張っているだけでお友達がいません。CR-Zにターボを付けたタイプRが出るとか出ないとかいう話があるようなのでそちらに期待したいところです。


mito_data_4p.jpg
発売年2009/05
終了年現行車(2010年11月現在)
参照年式2010/07


型式ABA-955143
車名ミト
グレードクアドリフォリオ ヴェルデ
お値段328.0万円


全長×幅×高4070×1720×1465mm
室内長×幅×高No data
トレッド前/後1480mm/1470mm
ホイールベース2510mm
最小回転半径No data


駆動方式FF
変速機6MT
車両重量1250kg


タイヤサイズ 前215/40R18
タイヤサイズ 後215/40R18


エンジン型式940A2
排気量&種類1368cc 直4
内径×行程72mm×84mm
圧縮比9.8
吸気方式ターボ
最高出力170ps(125kW)/5500rpm
最大トルク23.5kg・m(230.3N・m)/2250rpm
使用燃料ハイオク
10・15燃費No data

主なグレードの一覧
参照年月2010/102009/52010/7
車両型式ABA-95514PABA-955141ABA-955143
グレードスプリント1.4ターボスポーツクアドリフォリオ ヴェルデ
お値段(万円)278.0285.0328.0
駆動方式FF
変速機6AT6MT
エンジン型式955A7199A8940A2
エンジン類別直4 
吸気方式ターボ
排気量(cc)1368
最高出力(ps)135155170
最大トルク(kg・m)19.420.523.5
圧縮比9.8
使用燃料ハイオク
車両重量(kg)126012201250
全長(mm)4070
全幅(mm)1720
全高(mm)1465
軸距(mm)2510
装着タイヤ195/55R16215/45R17215/40R18
出力荷重比(kg/ps)9.337.877.35
リッター馬力(ps/L)98.7113.3124.3
100km/h(rpm)269826372664
最高速(ギヤ比)185.3208.5206.5
※最高速(ギヤ比)は最高出力発生回転数とギヤ比から見た速度
※年間維持費は自動車税+重量税+(自賠責保険/2)+(10,000km/10・15燃費×燃料1Lの値段)
※燃料1Lの値段はレギュラー140円、ハイオク150円、軽油120円として計算

ミト スプリントの支払い例
グレード車両価格返済回数
(均等払い)
支払い総額
(年率5%として)
車両価格との差月々の返済額
(元利均等方式)
月額の差
スプリント
(1.4L FF 6AT)
¥2,780,00036回¥2,999,487+219,487¥83,319-
48回¥3,073,029+293,029¥64,021-19,298
60回¥3,147,722+367,722¥52,462-11,559


ミトは同じ排気量でもエンジン型式が違って何だかよく分からないことになっているのですが、基本的にはボア72.0mm、ストローク84.0mmの1368ccの直列4気筒エンジンにターボが付いて、グレードによって出力が違うだけのように見えます。

駆動方式は全車FFのみ、変速機は155馬力、20.5kg・m仕様と175馬力、23.5kg・m仕様は6MTのみ、135馬力、19.4kg・m仕様は6ATのみとなっています。”高出力モデルはMTのみ”という点はクラッチ踏み愛好家としても鼻が高いです。

さて・・もう書くことがなくなってしまいました。

思うことと言えば、「さすが外車だけあって、アルファロメオだけあって高いなあ、高級車だなあ」ということと、冒頭でも書いたように「1400ccターボの6MTは良いなあ、国産車でもあれば良いのに」ということくらいで、30分ほど頭を捻ってみたのですが他には何も思い浮かびません。

このままでは記事の体を成さないので苦肉の策として、排気量1000ccを超え1500cc以下のターボ車であり、駆動方式はFF、MTの設定を持つコルトVer-Rと比較してみたいと思います。

ミト クアドリフォリオ ヴェルデとコルトVer-Rの比較
車名MitoColt増減
参照年月2010/72010/6-
車両型式955143Z27AG-
グレードC ヴェルデVer-R-
お値段(万円)328.0198.45+129.55
駆動方式FF-
変速機6MT5MT-
エンジン型式940A24G15-
エンジン類別直4 DOHC-
吸気方式ターボ-
排気量(cc)13681468-100cc
最高出力(ps)170163+7ps
最大トルク23.521.4+2.1kg・m
圧縮比9.89.00.8
使用燃料ハイオク-
車両重量(kg)12501110+140kg
全長(mm)40703925+145mm
全幅(mm)17201695+25mm
全高(mm)14651535-70mm
軸距(mm)25102500+10mm
装着タイヤ215/40R18205/45R16-
W-b/Tread比1.701.71-0.01
出力荷重比7.356.81+0.54kg
リッター馬力124.3111.0+13.3ps
100km/h(rpm)26642794-130rpm
最高速(ギヤ比)206.5214.7-
まずミトとコルトVer-Rの車両価格差は129万5500円もあることに驚きです。やっぱり外車は、アルファロメオは高い車なのです。今回の比較はこの130万円弱の差を埋めるだけの魅力の有無がジャッジの鍵を握ることになろうかと思います。

排気量はミトが1368cc、コルトVer-Rが1468ccで100ccほどコルトVer-Rのほうが大きいものの、最高出力ではミトが7馬力、最大トルクでは2.1kg・m上回っています。圧縮比を見てもミトは9.8となっており、これはターボ車としてはかなり高い数値です。これでノッキングもせずパワーが出せるのですから技術の進化とはすごいものです。

ボディを見てみると車両重量はコルトVer-Rより140kg重く、ボディサイズは全長+145mm、全幅+25mm、全高-70mm、ホイールベース+10mmであり、ミトは小さそうに見えて意外に大きいことが分かりました。ホイールベーストレッド比はどちらもほぼ1.70で大差ないようです。

装着されるタイヤはミトが215/40R18、コルトVer-Rが205/45R16でミトのほうが幅が広く、扁平率が低く、大きなホイールを装着しています。キリッとしたハンドリングに貢献してくれそうではありますが、お財布には手厳しいタイヤです。

パワーウェイトレシオはコルトVer-Rに比べて車両重量が140kg重いことが災いして0.54kg劣ります。リッター換算馬力では排気量が100cc少ないにもかかわらずコルトVer-Rより7馬力勝ることから、13.3馬力も数値が上回りました。

ギヤをオーバートップにして時速100kmで走行している際のエンジン回転数はミトが2664回転、コルトVer-Rが2794回転で130回転ほど低くなっています。そこまで差がないので気にするほどでもなさそうです。

というような感じでした。アルファロメオの車であること、国産1.5Lターボの雄であるコルトVer-Rよりエンジン性能が優れること、6MTであること、18インチのタイヤを装着していること、これらに130万円弱の魅力を見出せるならミトはアリな選択です。アリかもしれません。アリのような気がします。



【イタリャーナの最新記事】
【この記事のタグ】
TB URL posted by ぜつゆる | TrackBack(0)
【関連記事】
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。